お寿司にぴったりなワインとは?

夕飯のメニューがお寿司の日ほど嬉しいことはないかもしれません。お寿司にはどんなワインが合うかご存じですか?注文したすべてのお寿司に合うワインをそれぞれ考えていたら正直きりがありません。握りずしや巻きずしはそれ自体で立派な食事になります。

魚の切り方や調理の仕方(あるいは生のまま)など、味や食感を考慮してワインを選ぶことは非常に大切です。しかし、私たちはお寿司の場合は基本的なことが最も重要だと考えています。一貫一貫にワインを合わせるのではなく、メニュー全体を意識してワインを選ぶようにしましょう。それではこの記事を参考にしながら、リラックスして美味しいお食事をお楽しみください。

  1. 天ぷらとブランソーヴィニョン

カラッと揚がった天ぷらは非常に美味です。カヴァなどのスパークリングワインや軽めの白ワインと一緒にぜひ召し上がってみてください。ポルトガル産の微発泡白ワインであるヴィーニョヴェルデやソーヴィニヨンブランなども間違いありません。

ブライト・セラーズのストレンジ・ワン・ソーヴィニヨン・ブランも天ぷらにぴったりです。パッションフルーツ、白桃、ハニーデューメロンの風味が天ぷらの美味しさを一層引き立てます。

  1. ウナギとグリューナー・ヴェルトリーナー + ウナギ

ウナギのかば焼きは何と言ってもそのスモーキーで香ばしい味わいが魅力です。ライム、柑橘類、ホワイトペッパーの風味が特徴の軽くて生き生きとした白ワイン、グリューナー・ヴェルトリーナー、または香りが豊かな白ワインとして知られるゲヴュルツトラミネールは、ウナギの巻き寿司やドラゴンロールなどにぴったりです。

  1. さっぱりとした魚料理とピノグリージョ

お刺身、握り寿司、巻き寿司などさっぱりとした脂分の少ない魚料理にはアルバリオ、ピノグリージョ、シャブリなど、ライトボディの白ワインがおすすめです。オーク樽で熟成されていないライトボディのフランス産シャルドネを合わせてみましょう。

ブライト セラーズのデッド スターとブラック ホールのピノ グリージョは、このような魚料理との相性は最高です。こちらのさわやかな飲み口が最高の白ワインはカリフォルニアで環境に配慮しながら作られています。グレープフルーツ、レモン、トロピカルパイナップルの香りが、口当たりの軽い魚料理の味わいを引き出してくれます。

  1. マグロ、サーモンとピノ・ノワール 

濃厚な味わいで脂がのった魚にはコクのあるワインをおすすめします。フィラデルフィアロール、またはアラスカロールなどには辛口のプロバンカルロゼ、または軽い飲み口の赤ワインなどを選べば間違いありません。トロは最も贅沢なお寿司だと言われています。こちらにはピノ・ノワール、またはボジョレーなど、軽いワインを合わせてみましょう。

さまざまな美味しいワインの中でも私たちのイチ押しはブライトセラーのアポステイト・ピノ・ノワールです。赤いベリーと素朴なトリュフの風味が脂ののった魚に絶妙にマッチします。

  1. スパイシーなマグロとリースリング

スパイシーなマヨネーズやチリオイルの辛味とバランスを取るために、甘めでアルコール度数の低いワインを合わせることをおすすめします。辛いお料理に甘口のリースリング、たまらない組み合わせです。

ブライトセラーのサンシャワーリースリングは理想的なアルコール度数で、スパイシーなお料理との相性も抜群です。ほんのりとした甘みを持つこのワインがスパイシーなお寿司の旨味をより一層引き出します。

  1. ベジタリアンロールとロゼ

生のお魚があまりお好きでない方も心配は無用です!軽い飲み口のワインはベジタリアンロールともよく合います。キュウリやアスパラなどが入った美味しい歯ごたえの巻き寿司にはヴィーニョヴェルデ、またアボカドロールにはライトボディで辛口のロゼがおすすめです。